お茶請けも様々なものが登場します

我が家にやってくるお客様は、気取ったおもてなしを必要としない方たちばかりです。

だから、こちらも気楽におもてなしOKなので、お茶請けも様々なものが登場します。

一番頻繁に登場するのは、お茶請けの王道の、スーパーで買えるようなお菓子です。

これは長持ちするので、買い置きしておける点が素晴らしくて、切らせたことがありません。

次は、お手製のお惣菜たちですが、初めてのお客さまには、少々出しにくいと思われることもあります。

例えば、家庭菜園で育てた野菜を使ったお漬物や、味が染み込んだ煮物などです。

これらは、仲良しのお客様はツワモノ揃いなので、日本茶でもコーヒーでも、美味しいと言ってパクパクと食べてくれます。

そして、冬の間は石油ストーブで、煮物を常時作っているので、お客様をお迎えする時点で、既に美味しそうな匂いが漂っているのです。

以外に、この香りまでもが喜ばれている様子で、ホットプレートでそのままドーンと、出してしまうこともあります。

これで何を作るのかというと、市販の切り餅を焼いて、餡子を添え、善哉もどきにしたりします。

焼けるのを見ながらお茶をすすり、待ちわびるのも、なかなか乙なものなのです。

ホットケーキミックスを使った、小さ目のホットケーキを焼きながら、ゆっくりつまんでいただくのもお気に入りです。

温かいもののおもてなしは、気分までほっこりするようで、お客様の笑顔もとっても柔らかになります。

お取り寄せするような高級なお茶請けは、我が家では登場しません。

ですが、来客が多いことを考えても、なかなかのおもてなしができているんじゃないかと、自画自賛しています。

ちなみに、先日は久しぶりに妊婦の友人が訪ねてきたので、スーパーで買ったお茶請けを出して、2時間くらい話し込みました。

その友人の旦那さんは今、足の爪水虫で悩んでいるそうですが、ネットで良いものが見つかったと言っていました。

何でも、爪水虫の新薬の口コミが良かったので、速攻で購入したそうですよ。